手ぬぐいが防災グッズとして役立つ理由

手ぬぐいがどのようにして防災グッズとして使用していくのかを解説されています。まず一番使用する用途としては汗をぬぐうという方法ですが、災害時にタオルや手ぬぐい等があればよかったという声が続出したようです。

また、手ぬぐいはたてに避けやすくなっていますので、使い方によっては裂いたものを繋げてロープのようにして使用したり、また包帯代わりに使用することができます。

例として5cmの部分に切り込みをいれて裂いていきますと5cmでさけていくというのが手ぬぐいの特徴となっており、このように均一で切れていくことが災害時に非常に重宝します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です