一般の人が考える防災グッズと プロが考える防災グッズには違いがある。

テレビなどでも自信について取り上げられている通り、日本では自信は今後も続いていくと予想されますので、事前の準備はしっかりとしておくべきだと報道されています。
しかし、一般人が用意したほうが良いと考えているものと、プロが用意しているものとでは大きく違っているというのが現状です。

一般人アンケート
①水
②非常食
③懐中電灯
④ラジオ
⑤携帯充電器

防災のプロが実際に準備している防災グッズ
①笛、ブザー
②懐中電灯
③簡易トイレ
④マスク
⑤ポリ袋

一般の人はまずは水と食料の確保を優先すべきと考えますが、プロの目線では、それらは救助隊が用意してくれると考えるようです。
マスクは大震災の後はホコリが舞うために必要になり、ポリ袋は配給された食料を包み込んだり、冬は防寒具として使用することができます。傷口を清潔にたもったりなどにも使用することができます。これはサランラップなどにも使用することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事