帰宅困難者対策条例

帰宅困難者対策条例は、東京都内で平成23年3月11日の東日本大震災時に多くの帰宅困難者が発生し、駅の周辺や道路が混雑し問題となったことを受けて制定されたものです。

事業者も取り組みについて、従業員の一斉帰宅に抑制、必要な3日分の水や食料などを備蓄しておく、従業員との連絡手段の確保など事前準備などの努力目標等が抱えられています。

皆さんの会社の防災対策はしっかりと行われているかと言った質問には充分に対策を行っていると答えた起業はわずか12.3%に留まっています。帰宅困難者対策条例につきましても55%がしらないと解答しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事