大雨の防災を考える

毎年大きな災害をもたらすのが大雨です。台風はもちろん記録的な大雨ももちろん災害の一つです。
台風や大雨は気象情報などで事前にある程度の情報を得られる唯一の災害でもありますので、事前によく備えや避難経路の確認、二次災害への備えなどを心がけることが大切です。

大雨の場合道路、住宅の浸水、アンダーパスなどの水没などの被害が考えられます。また二次災害としてがけ崩れや土石流などが引き起こされる危険性もあります。
被害を最小限に抑えるためにも常に最新の気象情報を確認することが大切です。

特に大雨注意報・警報、記録的短時間大雨情報、土砂災害警戒警報、河川洪水情報をチェックしてください。
特に河川洪水情報は避難行動を取る目安にもなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事