防災対応型信号機とは

こちらの動画では防災対応型信号機とはそのようなものかということについて紹介されています。環七や環八の主要な交差点に設置されており、この信号は平常時には普通の信号機と全く同じなのですが、大きな自信等が発生し、交通規制になりますと真価が発揮されます。

震度5以上の自信が発生したときには、都心部の交通混乱を回避するために交通規制をおこなう場合があります。
災害が発生しますと防災対応型信号機は矢印信号による特殊な信号表示に切り替わり、都心部への交通流入を抑制するなどといった役割をもちます。

この信号機は自家発電のような装置が付いていますので、停電になっても機能を維持することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事